ホーム  >  よくあるご質問

よくあるご質問
プロスパーライフ様は他の不動産の住宅とどうちがうのですか?

情報の発信量が違います。毎月大量の折込チラシを配布させていただき、かつ当ホームページなどを活用して当社のもっている不動産情報をあますことなく発信しています。当社は若くて活力のある社員が多いので機動力が断然違います。新鮮な情報をどこよりもはやく的確にお届けしたいというポリシーに基づいています。また情報が早いだけではなく豊富な情報をいかし購入に関するご相談にも自信を持ってご相談させていただいております。

image
HP上に見学したい物件が見つかった場合、どうすればよいですか?

『お問い合わせ・資料請求』のページに必要事項をご入力いただき送信していただくか、直接お電話(0120-15-2648)いただくか、当ホームページのお問い合せからご連絡ください。売主の都合を確認の上、見学日時を決めさせていただきます。

image
建物の見学はどのように行うのですか?

建物の見学をする方法を2種類ご用意してあります。

1).内見
物件内部を見学していただきます。内見希望が入った場合、居住中の場合、案内時に売主にもお立ち会いいただきます。
2).オープンハウス 
主に空家のケースで実施されています。決められた日時内であれば、自由に購入希望者が見学できます。

image
希望する条件に見合う物件がなかったのですが、どうすればいいのですか?

残念ながら物件一覧の中にご希望の物件がない場合は、お問い合わせ・資料請求のページにご希望の条件をご記入くだされば、最新の物件情報を弊社からお送り致します。どうぞご活用ください。

image
2世帯で住める家を探しています。2世帯住宅はありますか?

2世帯住宅も豊富に取り扱っております。お問い合わせ・資料請求のページにご希望の条件を記入くだされば、2世帯住宅に関する最新の物件情報を弊社からお送り致します。どうぞご活用ください。

image
住宅の購入にあたり、銀行ローンや住宅金融公庫その他公的資金は利用できますか?

公的資金は、築年数・所有等の条件を満たしていればご利用が可能です。また銀行ローンについては提携ローンをご用意しております。お客さまにとって最適な資金計画のご相談も常時承っておりますので、お気軽にご相談ください。

image
住宅ローン控除についておしえてください。

住宅ローン控除は住宅借入金等特別控除または住宅ローン特別控除ともいわれています。住宅借入金等特別控除は住 宅ローン等を利用して住宅を新築に立て替えたり、物件を購入または増改築等をした場合にある一定の要件に当ては まれば、その新築や購入または増改築等のために借り入れた金額等(一軒家などの土地を含んだ購入費も含みます) の年末ローン残高の合計額を基準として計算した金額を、その家に居住し始めた年以後の各年分の所得税額から控除す ることができるというものです。申請方法は住み始めた年からみて翌年の2/15~3/15に、お住まいの税務署で初回 のみ確定申告を行えば、2回目からはご自身の会社の年末調整で受け取ることが出来るようになります。

image
リフレッシュ工事・リフォーム工事のよい業者を紹介して欲しい。

ぜひ実績ある当社にお任せください。

image
アフターサービスや定期点検をうけられますか?

家は建ててからがスタートです。当社はアフターサービスと定期点検をもっとも大切にしております。お気軽にご相談下さい。

image
いつどのような費用が必要ですか?

売買契約締結
 手付金
売買契約締結時に売主様にお支払いします。
(売買金額の10%程度です)
 印紙代
売買契約書に印紙を貼付します。
 仲介手数料
仲介手数料の半額です。
中間金
契約内容によって必要となります。
ローンの申し込み
 印紙代
住宅ローンの契約書に印紙を貼付します。
   
残金決済・引渡し
 残代金
売買金額から手付金等を差し引いた金額。
 登記費用
登録免許税や司法書士への報酬等です。
 固定資産税等精算金
引渡し日において日割り計算します。
 管理費等精算金
引渡し日において日割り計算します。(マンションの場合)
 ローン諸費用
ローン事務手数料・保証料等の費用です。
 保険料
火災保険料等です。
 仲介手数料
仲介手数料の半額。
 その他
引越し代等。
…不動産取得税
 
image
いつどのような費用が必要ですか?

不動産売買契約書は取引内容や当事者の権利・義務などを明確にし、トラブルを防止し、安全確実に売買を成立させることを目的とした契約書類です。具体的には、所在地・面積・構造などの物件に関する項目、契約金額・支払い時期・ローンの利用 の有無・引渡し時期などの取引条件に関する事項、その他契約内容に関する様々な条文が記載されており、売主買主双方の署名捺印により後日のための確認と契約成立の証とするために取り交わす書面です。

image
「不動産売買契約」とはどんなものですか?

売主と買主の相談で決まります。あらかじめ売出し時の条件として、売主が期日を指定することもできます(○○年○月以降など)。 売買契約から引渡しまでの期間は極端な例では即日、あるいは1年先というケースもあります。一般的には売主の引越し準備(居住 中の場合)や買主のローン手続きの関係もあり、2ヶ月前後というケースが多いようです。

image
引渡時期はどのように決まるのでしょうか?

売買契約の際には下記のものが必要です。

1.印鑑(ローンご利用」の場合には実印)
2.手付金
3.印紙代(売買代金によって異なります)
4.仲介手数料の半額(消費税および地方消費税含む)

*ローンをご利用の場合には別途ローン申込用の必要書類があります。
*ケースによっては上記以外のものが必要となることもありますので、詳しくは当社営業担当からご説明申し上げます。

image
契約の時に必要なものは?

契約時には契約金額や支払条件、引渡時期の他、建物に関し売主に確認しておきたいこと、例えばエアコン・照明器具を残すのか取り外すのか、 庭木はどうするのか、門扉や車庫に不具合な部分はないのかなどを確認し書面で交わしておきます。

image
契約時にどんなことを決めるのですか?

当社は定期点検などのアフターサービスを適切に実施しておりますのでご安心ください。万一不具合が発生した場合やお取扱い方法がご不明な場合には、 お手数ですが、当社までご連絡ください。

image

ページトップへ